カカオフルーツの低廃棄率革命

カカオフルーツは何世紀にもわたってその種子(豆)のために収穫されてきましたが、残りの70%は単に捨てられていました。 カボスナチュラルズは、この現状を変える必要があると判断し、カカオフルーツの自然の豊かさを活用するために、革新的で前例のないアップサイクルなサプライチェーンを開発しました。

カカオフルーツからカカオフルーツ濃縮果汁へ

yellow cacaofruit hanging in the tree

カカオフルーツの工程は、カカオフルーツの木がなっている農園のある赤道周辺の熱帯地域から始まります。熟したら色とりどりのフルーツを手作業で収穫し、きれいにして開きフレッシュな白い果肉から種子(豆)を取り出します。

種子は発酵と乾燥させた後においしいチョコレートを作るために使用されます。カカオフルーツの種子が従来、チョコレートに使用されていました。つまり、残りの70%は完全に廃棄されていたのです。現在はカボスナチュラルズの取り組みにより、カカオフルーツ全体の45%を占めるカスカラパウダーを乾燥させて栄養価の高い粉に粉砕しています。

カカオフルーツパルプは、フルーツのフレッシュな香りを保つためにすばやくジュースに加工されます。その後、カカオフルーツジュースをろ過して穏やかに低温殺菌し、濃縮してカカオフルーツ濃縮果汁を得るのです。

カカオフルーツ全体の使用

カボスナチュラルズは、低廃棄サプライチェーンを開発し、豊富で栄養価の高いカカオフルーツすべてを100%使用することを保証しています。世界中で毎年約1,400万トンのカカオフルーツが収穫されています。以前はカカオフルーツの70%(1,000万トン)が廃棄されていましたが、現在は種子(豆)だけでなく乾燥した皮やフレッシュでジューシーな果肉も使用できます。

カカオ
この革新的なプロセスでは、今まで廃棄されていたものを高品質でおいしく100%天然のカカオフルーツ素材に変えます。

お問い合わせはこちら