チョコレート&バニラトリュフ

このレシピでは、クラシックなバニラガナッシュで満たされたトリュフを作る方法を学びます。カレボーのミニクリスパールがトリュフに華やかさを添えています。

チョコレート&バニラガナッシュ

材料 下ごしらえ
  • 200g
    生クリーム 35%
  • 20g
    ソルビトールパウダー
  • 25g
    転化糖
  • 1ピース
    バニラビーンズ
  • 30g
    無塩バター
  • 120g
    JAVA
  • 230g
    CHD-Q67MAD
  • CHM-TS-17320
  • CHX-CC-MCRISE0
  1. バニラビーンズからバニラの種をかき出し、生クリームに入れ、鍋に入れる。
  2. 鍋にソルビトールパウダーと転化糖を入れ、沸騰させる。
  3. その間に、チョコレートを背の高いシリンダーカップに入れる。
  4. チョコレートの上に生クリームを注ぎ、ハンドブレンダーで混ぜる。無塩バターを加え、ガナッシュが滑らかになるまで再度混ぜる。ガナッシュの温度は、30-32℃(86-90°F)にすると、チョコレートの殻を溶かさず、結晶化する前に始めることができる。
  5. ガナッシュを絞り袋に移し、流れを整えるために先端を小さくカットする。シェルの下端が埋まるまで、シェルの中に流し込む。
  6. トレイをテーブルの上で軽く叩き、シェルにフィリングが均等に行き渡るようにする。
  7. 風通しのよい10~12℃の冷蔵庫に入れ、15~20分ほど置く。
  8. 冷蔵庫からトリュフを取り出し、18~20℃の室温に戻す。約30分ほどかかります。
  9. トリュフ貝殻の上にトリュフ貝殻閉じトレーを置く。
  10. 絞り袋にあらかじめ結晶化させたミルクチョコレートを入れ、パイプで絞りを完全に閉じたら、スクレーパーで余分なチョコレートを取り除く。
  11. 閉じたトレイを外し、トリュフをカウンターに丁寧に叩きつけて気泡を取り除く。
  12. 風通しのよい10~12℃の冷蔵庫に20分ほど入れておく。
  13. トリュフを冷蔵庫から取り出し、ミキシングボウルに入れる。トリュフを1つずつ結晶化前のミルクチョコレートに浸し、すぐにミニクリスパール™に巻き付ける。
  14. クリスパール™に巻き付けたら、結晶化前のミルクチョコレートが完全に固まったことを確認するため、数分間待ちます。
  15. ボンボンは指紋がつかないように、柔らかい手袋で扱う。

お問い合わせはこちら