ヴィーガン乳成分不使用の違い

表示についてついに説明されました
ヴィーガンと乳成分不使用の違いについて疑問に思っていましたか?プラントベースやラクトースフリーなどの他の表示はどうですか?

何を見ることが重要ですか?

1-表示自体

表示には、乳成分やグルテンなど、食物アレルギーや食物不耐性を引き起こす可能性のある素材が含まれていますか?
含まれている場合、その表示は欧州の法律によって厳格に規制されています

2-「含む可能性がある」という表示

パッケージで「乳成分を含む可能性がある」という表示に気づいたことがありますか? 「含む可能性がある」というラベルは、乳成分を素材として含まない製品に使用されますが、乳成分を含む素材も共有するラインで生産されます。その結果、互いの接触によって避けられずに意図せず乳成分アレルゲンが発生します。 対策を講じてもこのリスクを防ぐことはできません。典型的なウェットクリーニングの方法が不可能なチョコレートは特にそうです。そのため、バリーカレボーは必要に応じて「乳成分を含む可能性がある」などの予防的なアレルゲンの宣言を表示しています。含む可能性があるという表示の付いた製品は、アレルギーのある方は摂取しないようにしてください

Vegan chocolate snack bars
ヴィーガンチョコレートスナックバー

1-乳成分不使用

完全に隔離された環境で生産された製品を説明する厳密な表示です。つまり、生産エリアで乳製品が使用されていません。空気もろ過されています。最終製品には検出可能なレベルの乳成分が含まれておらず、乳成分アレルギーの方に適しています

乳成分不使用製品には「含む可能性がある」という記載はされません。

乳成分不使用機能を2020年に構築していますので、詳細についてご期待ください

Barry Callebaut vegan products logo
バリーカレボー製品のヴィーガンロゴ

2-ヴィーガン

ヴィーガンは規制対象ではありませんが、動物性素材を使用せずに生産された製品生きている動物や動物由来の製品を使用せずに生産された製品を指します。ヴィーガン製品は乳成分も使用される環境で生産された可能性があるため、生産環境での相互接触によって発生する可能性のあるアレルゲンがある場合でも、ヴィーガン製品には「含む可能性がある」という表示がされることがあります。そのため、乳成分アレルギーの方にとって安全ではありません。
ヴィーガンの表示には法的枠組みがないため、食品メーカーには2つの選択肢があります:

  • ヴィーガン製品であることを伝えるために独自のヴィーガンロゴをデザインします
  • 17の国際的なヴィーガンラベルのうち1つ(http://vegan-labels.info/)を所有します。製品はラベルのすべての要件が満たされていることを条件に認証されます。最大限の乳成分の相互汚染が含まれる場合があります。例えば、EVUでは最終製品について乳成分含有量が1kgあたり最大1gであることが求められます

乳製品を含む可能性がある」という記載が必要です。これにより、バリーカレボーは固定の最大相互汚染レベルを保証できません。

3-ラクトースフリー

ラクトースを含まない製品のことです。プラントベース製品はもともとラクトースを含んでおらず、ミルクなどの乳成分もラクトースを含まない可能性があります。ラクトースはラクターゼと呼ばれる酵素のおかげで確かに乳成分から簡単に取り除くことができます。つまり、ラクトースを含まない製品が乳成分を必ず含まないわけではありません。

乳成分を含む可能性がある」という記載が必要になる場合があります。ラクトースフリーに関する欧州の規制がない中で、国のガイドラインと制限があることがわかっていれば、ラクトースフリー製品で保証されている最大量のラクトースレベルを示します

4-プラントベース

ヴィーガンと同様に、動物性素材を含まない植物のみから作られた製品のことです。

乳成分を含む可能性がある」という記載が必要です。

規制サポートについては当社をフォローするか、またはお問い合わせください

プラントベースの情報インスピレーションをお探しですか?最新情報を入手し、プラントクラフトのニュースを購読してください。

当社の研究開発と規制の専門家が、プラントベース商品を成功させるために、生産ラインまたはパッケージで必要なサポートをご提供します。アカウントマネージャーにご連絡ください

Dairy-free pistachio praline

お問い合わせはこちら